安田記念予想

安田記念とは?

安田記念はJRAが東京競馬場の芝1600メートルで施行するGI競走の事で、正式名称は農林水産省賞典安田記念。日本中央競馬会初代理事長・安田伊左衛門の功績を称えることから付けられているその名がつけられています。
第1回は東京競馬場の芝1600mで施行されました。

1993年からは国際競走に指定され外国調教馬が出走可能になり、更に1995年からは指定競走に指定、地方所属馬が出走可能になり、1996年からは施行時期を日本ダービーの翌週に移設されたことにより再び出走資格を4歳以上に変更、2004年からは国際セリ名簿基準作成委員会により国際グレードのGIに格付けされます。

そして現在では日本で最も歴史と伝統があり、最も格の高いマイル重賞として世界的にも知られる事になる。国内のマイラーのみならず中長距離馬にとっても栄誉の一戦であり宝塚記念と共に春の最強馬を占うレースとして君臨する事になった。現在では、「春の東京GI5連戦」のラストを飾るレースとして位置づけられています。

出走資格

2012年の出走資格は以下のとおり

  • 原則競走馬及び本競走に出走登録した外国調教馬(9頭まで)。
  • 地方馬は、マイラーズカップ王杯スプリングカップ・ニュージーランドトロフィー・NHKマイルカップ・ヴィクトリアマイルの2着以内の馬及び橘ステークスの1着馬は優先出走できる。
  • JRA所属競走馬は、以下の順で出走馬を決定する。(地方馬で2歳馬競走を除くGI競走1着に入った馬も含む。)
  • レーティング順位の上位5頭に対しては優先出走が認められる。(牡馬・セン馬は110ポンド、牝馬は106ポンド以上であることが条件)
  • その他の競走馬は「通算の収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI(JpnI)競走の収得賞金」の総計が多い順に出走できる。