安田記念予想

安田記念過去の記録

  • 1951年東京競馬場の芝1600mの4歳(現3歳)以上のハンデキャップの重賞競走、安田賞として創設。
  • 1953年スウヰイスーが史上初の連覇。
  • 1953年保田隆芳が騎手として史上初の3連覇。
  • 1958年名称を現在の安田記念に変更。
  • 1960年施行距離を芝1800mに変更。
  • 1967年東京競馬場の改修工事により中山競馬場の芝外回り1600mで施行。
  • 1962年施行距離を芝1600mに戻す。
  • 1972年流行性の馬インフルエンザの影響で7月に順延開催。
  • 1984年グレード制施行によりGIに格付け。1着賞金は3200万円から5000万円に増額。
  • 1984年施行時期をオークスの前週に移設されたことにより、出走条件が「4歳(現3歳)以上」から「5歳(現4歳)以上」に変更。
  • 1984年負担重量を定量に変更
  • 1984年混合競走に指定。
  • 1984年農林水産省賞典の副称が付く。
  • 1984年当競走で史上最多の22頭が出走。。
  • 1990年元地方笠松所属のオグリキャップがJRA転厩馬として史上初の制覇。
  • 1993年混合競走から国際競走に変更され、外国調教馬は5頭まで出走可能となる。
  • 1993年ヤマニンゼファーが史上2頭目の連覇。
  • 1993年栗田博憲が調教師として史上初の連覇
  • 1995年指定交流競走に指定され、地方所属馬にも門戸が開かれる。
  • 1995年アラブ首長国連邦のハートレイクが外国調教馬として初制覇。
  • 1996年施行時期を日本ダービーの翌週に移設されたことにより、出走条件が「5歳(現4歳)以上」から「4歳(現3歳)以上」に変更(4歳(現3歳)の負担斤量は牡馬・?馬は54kg、牝馬は52kgに設定)。
  • 1996年5歳(現4歳)以上の負担斤量が牡馬・?馬57kg、牝馬55kgから牡馬・?馬58kg、牝馬56kgに変更
  • 1996年元地方浦和所属のトロットサンダーがJRA転厩馬として史上2頭目の制覇。
  • 1998年藤沢和雄が調教師として史上2人目の連覇。
  • 2000年イーグルカフェが当年のNHKマイルカップ優勝馬として史上初の出走。
  • 2000年香港のフェアリーキングプローンが外国調教馬として2頭目の制覇。また2着にはディクタットが入り、初の外国調教馬のワンツー。
  • 2001年馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
  • 2004年国際セリ名簿基準作成委員会より国際GIに指定。
  • 2004年安藤勝己が地方競馬出身の騎手として史上初の優勝。
  • 2005年外国調教馬の出走枠が9頭に拡大。
  • 2005年アジアマイルチャレンジに参加。
  • 2006年香港のブリッシュラックが外国調教馬として3頭目の制覇。
  • 2006年1着賞金が9400万円から1億円に増額。
  • 2008年ウオッカが日本ダービー優勝馬として初制覇。
  • 2009年ウオッカが史上3頭目の連覇。また2着にはディープスカイが入り、初の2世代日本ダービー優勝馬のワンツー。1981年マイラーズカップ(カツラノハイセイコ・オペックホース)以来、28年ぶり2度目となるダービー馬によるマイル対決となった。
  • 2009年角居勝彦が調教師として史上3人目の連覇。
  • 2011年リアルインパクトが3歳馬として59年ぶり、GI格付け以降での初制覇を記録。また、グレード制施行後としては史上初となる1勝馬の古馬GIを制覇。
  • 2011年大井所属の戸崎圭太が地方競馬出身の騎手としては5人目の中央GI制覇。